歯科恐怖症外来 - ウニクス秩父歯科

歯科恐怖症外来

当院では”不安や恐怖心を感じない治療”を目指しています。

静脈内鎮静法(歯科恐怖症・無痛治療)

静脈内鎮静とは

治療に不安を持っている患者さんや長時間のインプラント外科手術に最適な方法です。 眠っているのとほぼ同じ状態で、いつの間にか治療が終了しているといった感じです。

治療中は意識がある場合もありますし、眠ってしまう方もいます。いずれにしても、うっすらとした穏やかな意識の中で、薬の力で不安や恐怖心は全く感じなくなっています。

安全性

静脈内鎮静は歯科麻酔医が行い、生体モニターを患者の体に取り付け、血圧、心拍数、血液中の酸素濃度などを常に見張りながら行い、もしも 異変があれば、緊急薬剤も用意してあります。緊急薬剤投与の為の静脈路はすでに点滴により確保されていますので、 素早い対応が出来ますのでその点では非常に安全といえます。当医療法人においては今までに緊急薬剤を使うような事態になった事はありませんのでご安心下さい。

手術は全て日帰りです。しかし、手術後に意識が戻っても鎮静薬剤の効果は、多少の時間は残りますので、術後に自動車や自転車の運転は出来ません。 その日は、家族のお迎えやタクシーを利用し、帰宅して頂きます。

適応

1 、歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方。嘔吐反射が強い方(お口の奥に器具が入ると“オエッ”と吐きっぽくなる方。

不 安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。 嘔吐反射が起こりづらくなります。ほぼ眠っている状態になるため痛みもあまり感じません。

2 、血 高血圧症、心臓病、糖尿病などの全身的な病気をおもちで、全身管理が必要な方。

血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。点滴をしているので、患者さんの変化に即座に対応することができます。

3 、長時間の処置、口をあいているのがつらい方。

健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」という声が上がります。

料金

1 回 3 万円で行っております。

当院では、インプラント手術以外の通常の歯科治療においても鎮静法を行えます。

都内の歯科大学にも歯科恐怖症外来があり、かなりの需要があります。

ご希望の方は、スタッフまでお申し出ください。(鎮静の回数が複数になる場合は、治療終了までの期間を考慮し 1 回の料金を下げる場合もあります)

ページのトップへ